第三期生(2015年)高山佑太

2015年5月29日(金)

最終日は午前は工場勤務で午後からは建材市場に行きました。

最後の日は研磨でした。

研磨する回数が多かったので効率良く早く仕上げることができるようになりましたが作業の大変さがよくわかりました。

建築の材料が全部集まっている区画のある建材市場に行きました。

販売店はありませんが塗料を店舗で販売していました。

日本ほどのサービスはないのですが中国人は自分でしたことにはクレームをつけないので日本とは違うスタイルになるそうです。

今回の研修で中国が世界の工場と言われる意味がよくわかりました。

まだまだ市場ある中国なのでこの研修を活かしていきたいです。

2015年5月28日(木)

今日は副資材を生産している工場の見学に行きました。

その工場には日本はもちろんアメリカからの注文もあり大きな工場でした。

中国では物作りは凄いですが考え方の違いでクレームもいくつかあるそうです。

業界関係なく日本の品質のこだわりが世界的に評価されていますがこだわり過ぎるのが問題になっていることもあるそうです。

2015年5月27日(水)

今日は薮田会長と話させていただきました。

会長の話ではもっと視野を広くもち中国という大きな市場に出ることの重要性を話していただきました。

中国には販売店が存在しないそうです。

需要はあるそうですが支払いがしっかり出来るのかが不安なので日本の販売店も中国に進出していくのが難しいのが現状だそうです。

2015年5月26日(火)

今日の作業はタッチアップでした。

塗装は職人の方がするので実際に塗装はしませんでした。

タッチアップは仕上がった商品をチェックしコンパウンドを当てたり細かい部分の塗り残しを見つけ補修する作業でした。

特に難しいのは後塗りしたのをわからなくすることです。

塗膜を厚くつけるのも良くないそうです。

2015年5月25日(月)

今日はとあるメーカーのオフィスを塗装するということで見学に行きました。

素地が悪いのでパテで何回も補修をしていました。

なかなか綺麗に仕上げるのは苦労するそうです。

工場見学では塗料をどのようにして作るか見せていただきました。

昔はレーンがあり流しながら塗料を作っていたそうですが現在は重力を利用して作っているそうです。

2015年5月24日(日)

今日はオフィスの壁を塗装するということで現場へ見学に行きました。

職人さんは日本からこられていました。

日本での塗装と中国での塗装の違いを聞いてみたところ中国の方が躯体が脆く塗装しにくいそうです。

材料も中国で集めたそうですが使いにくく欲しい物が買えなかったそうです。

国によって建築に対する考え方も違うので国に対して順応していく事が大切だと感じました。

2015年5月22日(金)

今日は研磨と梱包しました。

商品は小さなパーツで数が多く一つ仕上げるのに時間がかかってしまいます。

入念にしておかないと塗料との付着が悪く剥がれてしまいます。

何回か研磨をすることで迅速且つ丁寧に仕上げ効率化を図ることの大切さがよくわかりました。

梱包ではタッチアップした商品を箱に詰める作業でした。

仕上がった商品はより丁寧に扱わないとキズがつき塗膜が剥がれてしまうので思っていたよりも神経をつかう作業でした。

2015年5月21日(木)

今日は1日研磨作業でした。

研磨作業は一見地味な作業ですが塗装の密着力を向上させるためには必要不可欠な作業です。

中国人スタッフと会話はできませんがジェスチャーでコミュニケーションをとることはできました。

2015年5月20日(水)

今日は研磨と出来上がった商品を検品する人に持っていく作業でした。

仕上がった商品はキズがつかないようにしないといけないので気をつかう作業でした。

大橋科学さんが来られていたので紹介していただきました。

今回は塗料の色が違うということでメーカーと見本板を使っての話合いとなりました。

今回はメーカーの色見本がズレているのが原因でした。

同じ色を作ることは難しいので品質管理の難しさを改めて体感しました。

2015年5月19日(火)

2日目は研磨の仕事でした。

錆止め塗料や旧塗膜を研磨することで上塗りの付着をよくするための作業でした。

昼前に大宝化学さんが営業に来られていたので紹介していただきました。

工業塗料については知らないことが多いのでとても勉強になりました。

中国では2月頃に税金が上がったところなのに7月頃に環境税がつくという噂もあるそうです。

日本よりも環境に配慮した展開をしているように思いました。

夕方にはNCCさんがこられました。

長野の販売店で工業塗装の副資材なんかを営業に来られていました。